バイク中毒な日々『MotoJunkieのブログ』

単車工房モトジャンキーの日々の作業状況や進行具合、イベント情報や活動報告を紹介しています

最近のカスタム

 最近色々と忙しく、またまた更新サボり、ネタも色々と貯まってますが、珍しく中型のカスタムについてです。

 九州のロードレースなどでは今ひとつ盛り上がりが定着せず、なんだか難しいなって思える250ccのレプリカタイプ。でも世の中は若いバイク女子から大人の男性まで、結構な方々が250ccクラスのバイクに乗り、見かける事も増えている中型クラス。大型が圧倒的に多い当店でも、多少のオーナーさんがいらっしゃいます。その中にはZX-250Rに乗られてる方やセカンドバイクでオフ・モタード系に乗られる方もいらっしゃいます。

そんな中、長らくお待ちいただきましたCRF250Lのオーナーさん やっとカスタム完成で納車致しました。

近年業界の人手不足やら生産と開発と供給のバランスが悪い様で、新型車両のアフターパーツの発売もずれ込んでいる様で、待てども入荷が遅れている様です。

そんな中どうしても人と違い早く自分の望む形にしたいご要望から、以前の乗られていた車両からのパーツスワップフェンダーレスキットの作成を行いました。

f:id:mj2004:20210811095526j:image

もともとCRF250ラリーに乗ったいたオーナーさんのパーツを駆使してエキパイの加工を施しヨシムラ製フルエキを装着。カーボンフォークガードも長さを変更して取付。
f:id:mj2004:20210811095522j:image

ハンドルは新型CRF250L用でブレーキレバーや軽くなるクラッチレバーを装着、ハンドルガードも移植しました。
f:id:mj2004:20210811095533j:image

細やかなビレットパーツもちょっとした加工で取付可能でした。
f:id:mj2004:20210811095519j:image

テールランプ等の使用が以前とは異なる為、フェンダーレスはモトジャンキーオリジナルのワンオフ、オフ系には多い排ガスがちょうどナンバーに当たりやすいのですが、上手く位置が出せました!

リヤキャリアもステーの取付位置を作り直し、再塗装で既製品の様に取付しました。

f:id:mj2004:20210811100531j:image

ナンバーの角度もジェントルな仕様での新規制にも適合する角度で仕上がってます。

そろそろ既製品も出回りそうですが、既製品の不満点を解消しての作成なので、オーナー様にも満足いただけた様です。

車両は様々ですが、お客様の希望の形に出来る様に引き続きじゃんじゃん作業進めてまーす!

 

 

Z1新品ヘッド組み込み

ほんのちょっと前の先月の話になります。

Z1のオーバーホールに合わせてオーナーさんがカワサキの販売ページに噛り付いて購入したNewヘッドを組み込みました。

新品ヘッド 良いですね!プラグホールのクラックや燃焼室のバラつきに入り込んだバルブやバルブの突き出し量など、あれ大丈夫かなぁって心配が確認するモノの何も無い安心感。良いですね!

f:id:mj2004:20210504202708j:image

もちろん殆んどの消耗部品も惜しげなく交換し、ポートも修正加工。

ヘッドの燃焼室容積は測定するとほぼ同等で、計算してみるとぴったりワイセコの表示通りの圧縮比。悩ましい部分が少ないって良いです。

ブルドック社製のクロモリスッタッドボルトでニューヘッドを締め付けた感触もカッチリして良い感触!!

f:id:mj2004:20210504203315j:imagef:id:mj2004:20210504203412j:image

新品のカムチェーンでのバルタイもきっちり決まってまあ共に5回はやり直しましたが、ピッタり決まりました。

面研されていないヘッドはバルブとピストンのクリアランスも余裕でした。

f:id:mj2004:20210504203858j:image

エンジン掛けた時から変わったと実感出来るフォーリングはオーナー様も「乗った事無いけど、新車以上の完成度」とご満悦

100km程慣らしてのキャブセットまで終えて納車しました。パワーそこそこで、最近の傾向からは控えめの排気量ですが、長く乗れる様な仕様できっちり完成させていただきました。

世の中自粛ムードで連休のロングツーリングは断念された様ですが、ひっそり密にならない様に楽しまれているご様子です。

 

こちらは先日開催された鉄馬withベータチタニウムのレースに参戦されたGSF1200狸SPL

f:id:mj2004:20210504205435j:image

頑張った結果!自己ベストも更新しての9秒フラット!あと一声欲しかった所ですが、攻め込んだ結果転倒リタイアで終了しました。

手答えのある走りと今後の課題が見えて、見応えのあるレースだったのでまた次回迄に頑張りましょう!

エンジンノーマルに足回りのチューニングとFCR位のライトチューンだったGSFを今回少しだけバージョンアップさせてスイングアームの補強にカムと電気変えて挑みましたが、足回りがもうワンランク足りなかったですね!

9月までに更に進化させて、次はお立ち台上がれる様にやりましょうね!

f:id:mj2004:20210504210340j:image

 

キャブセッティングや加工作業

 日中は暖かく、桜も咲く季節になり、草レースや選手権なども各サーキットにてボチボチ始まり、バイク乗りには良い時期になってきましたね♪

 当店では春や秋にキャブセッティングをオススメする事が多く、先日もZのFCRセッティングを行いました。

 先ずは現状確認の為、試乗を行いキャブフィーリングの確認を済ませ、その後にエンジンのコンディションチェックと火花の強さの確認を行い、キャブの中のセッティングパーツの構成と燃料タンクの異物等の確認を済ませてのセッティングになります。STDエンジンで、オイル滲みやコンプレッションの低下はありますが、バルブのリークやオイル消費も無さそうなので、セッティングを進めていきます。

入庫時点ではプラグは真っ黒ですがアイドリングは空燃費もかなり薄め ニードルやメインジェットが濃いめでクリップ位置とスローを薄くして無理矢理帳尻を合わせている感じでした。

f:id:mj2004:20210325102104j:image

セッティングに関しての細かな内容は省略いたしますが、空燃費計の装着や実走行しながら進めて、最終的に高回転までしっかり使えて、アイドリング時の安定感が出るまで煮詰めて、プラグもキレイに焼ける状態に仕上がりました。

あとはオーナーさんがFCRキャブの取扱に慣れていただければ気持ち良いフィーリングで乗る事が出来ると思います!

今後色々と細かい手直しメンテナンスをやりながら長く楽しんで欲しいですね。この度は御入庫ありがとうございました。

f:id:mj2004:20210325102836j:image

Zネタが続きますが、エンジン降ろしている間に脱着式のサイドスタンド加工行いました。


f:id:mj2004:20210325103521j:image

f:id:mj2004:20210325103518j:image

f:id:mj2004:20210325103524j:image

純正の溶接してあるスタンドベースをフレームに傷つけない様に慎重に取り外しフレームに垂直にボスをはめ込み溶接し、流用したスタンドベースを取付けて完了。

これでサーキット走行時にスタンドを取り外し、擦るリスクを無くします。まあカットタイプのジェネレーターカバーが取付してある前提の話にはなりますが、やるとかなり安心です。

HSR九州で走行される際、高速コーナーで擦って肝を冷やす可能性はかなり減ります(笑)

(エンジン装着のままでも出来なくはない加工作業になりますが、降りている時の方が溶接やスタンドベースの取り外しが楽ですね)

エンジン完成迄しばらくお待ち下さい。

 

 

度々メンテナンスの事

 長らく乗らない期間が続き、燃料が腐食してタンク内部が錆てしまい、燃料も腐食していて匂いも凄いですが、内部もスゴい事になってる事があります。今回の車輌はCB1300SBです。

f:id:mj2004:20210307002818j:image

燃料ポンプを外し、タンク内部を覗いて見るとこんな感じでかなり腐食は深刻な状況。

数日ガソリンの腐食を溶かす薬品に漬け込み、その後洗い流して、次は錆取り作業。


f:id:mj2004:20210307004047j:image

f:id:mj2004:20210307002911j:image

薬品に漬けるだけでは完璧に取り除く事は難しい為、内部研磨用のアイテムを投入しひたすら中を擦り錆処理。ここで手を抜くといい事はないので時間を掛けてしっかり納得出来るまで綺麗に仕上げます!

クタクタで完成写真撮り忘れましたが納得出来る綺麗なタンクの復活

スロットルボディと燃料通路もしっかり清掃し、最後のシメにスーパーウエポンのインジェクションクリーナーにて清掃し、アイドリング状態やフルスロット状態などの色々のシチュエーションを擬似再現しての流量チェック。

f:id:mj2004:20210307004739j:image

流量も4つ比較して、個体差も無く異常無し。

ここまでいけば復活は近い、あと一息で作業完了かと思い張り切って組み立てて、あとは燃料ポンプの作動確認と吐出量や燃圧のチェック。しかしここで異常発見。燃料ポンプの動きが非常に怪しい。エレキで作動確認動するが動きが重い。サビも詰まってるが、燃料を送る歯車も欠損している模様。

ポンプAssy交換8万円… 予算的にも非常に厳しいので今回は輸入品のポンプにてパーツ交換にしました。金額は1/10以下の価格差(笑)

数回壊れても許せる覚悟の価格。

入念な試乗チェックで作業完成しました。

f:id:mj2004:20210307011445j:image

海外製部品にはなりますが、長ーく使える事を願います!

 

お待ちいただいてます草レース専用機のRR-Rのカウル塗装完成しました。


f:id:mj2004:20210307011752j:image

f:id:mj2004:20210307011748j:image

触媒付きマフラー装着の為、通常の断熱材の下に新素材の断熱マットを仕込み断熱処理してみました。塗装が焼けないか結果はテストの練習走行の結果どうなる事か楽しみ半分不安半分ですね!今年も草レース楽しんでくださいね♪

 

 

メンテナンスの事

 シーズンオフに入ると、しばらく乗らない間に、通常やらないパーツの整備で、サスペンションや社外品キャブレーターのオーバーホールが多数入庫致します。

当店でも昨年のオフシーズンに入った辺りから徐々に春先に向けてその辺りの作業が頻繁に入りますが、久々にハマりこむ作業に当たりました。

 今回はFCRキャブで頭を悩ます作業でした。

通常のキャブ作業、例えば、しばらく乗ってなくて、ガソリンが腐食したキャブの清掃作業や内部の消耗部品の交換や各部の調整や燃調のセッティングなどの作業は、当然自店で作業するんですが、どうしてもリペアパーツとして売られていない部分のパーツ交換が必要な場合は、キャブ専門の外注先へ作業依頼することもあります。

 今回御依頼のFCRは使用された走行距離も多く、長年使用されている経緯もあった為、非売部分のOリングなどのパーツ交換の必要と判断し、外注にてオーバーホール作業+お客様の持ち込みの消耗部品の交換を依頼しました。

 後日、外注先からの返却からの、納品されたキャブの各部の要所のチェックを済ませ、取付作業はオーナー自身で行う為、キャブ本体を返却し、組付いただきましたが、そこで不具合は発生しました。

オーバーホールを行うと、内部の構成パーツの流量の変化で、若干の燃調の手直しが必要になる事も、たま〜にありますが、今回の不具合は、回転落ち不良でスロットルが張り付く現象が発生。アイドリング調整も微妙に反応が鈍く、走行時にアクセルを閉じても、回転が落ちない異常事態。スロットルバルブの段付きも酷くない事は確認済みだったので、急遽確認作業で入庫しました。

f:id:mj2004:20210307001528j:image

 長年大切に乗られているR1100 すでに30年物ですが大切に乗られてる事がわかる車両ですが、謎の異常事態の原因究明です。

点火とエンジンのコンプレッションを測定し、空燃費計とCoテスターと排気温度計を駆使して確認作業を進めるとアイドリング状態から1/4開度迄がとにかく異常に薄い症状でセオリー以上の濃い状態にセッティング変更しても薄い。

散々悩んで相談しわかった結果

犯人はこれでした↓


f:id:mj2004:20210306235405j:image

f:id:mj2004:20210306235402j:image

左写真の手に持ってるやつがオーバーホール前に装着していたスライドバルブ

装着している写真が今回持ち込みで交換したスライドバルブとスロットルバルブ

よーく見るとラージボディ用の刻印無し、しかも装着して間もないのに表面のコーティングももう剥げてきてる状況。近年ケイヒン純正ではなく海外製のコピー品が出回っている噂は聞いていましたがまさかと思い、オーバーホール前の部品に交換確認し始動すると、何事も無かった様に普通に戻り回転落ちの張り付きも治りました。 パッと見た目で判断し難いですが、恐らく偽物かと思われます。

新品で購入してまさかって感じでしたが、パーツ購入は正規ルートにての購入がよろしいと思われる思わぬ落とし穴作業でした。

その後キャブセッティングを済ませて無事作業完了しました。

オーナーさんもヤフオクでのシビアなパーツ購入はもうやめておくそうです(笑)

末長く大切に乗って欲しいですね!

 

V-Max各部塗装完了しました。デフギヤからのオイル漏れもあったので、分解してシール交換作業も追加

f:id:mj2004:20210307010947j:image

タイヤも新品で錆びたボルト類もリフレッシュされて綺麗になりました。各部分黒色に変わり引き締まりましたね(≧∇≦)

f:id:mj2004:20210307001708j:image

まだまだこの様な作業続きで入庫出来ないお客様ご迷惑お掛けいたしますがお待ちくださいませ。

 

 

 

PHANTOM スポーツコンプRS 緊急入荷

 

 昨夜、福島を含む東日本で、地震が発生しました。

テレビで見ていて、熊本地震を思い出し、再び不安な気持ちになってしまいました。

サーキットにも被害が出ている事をニュースで見ましたが、地震での人的被害が少ないない事を願います。

コロナ蔓延が減少傾向になりつつある状況にこの様な天災...皆様もいつどうの様な災いがあってもおかしくない様な近年。色々と備えを考えないといけないですね。

 

本題の業務連絡です。

ピレリ社のファントムRSの入荷です。

110/80R18と150/70R18のみです!

手に入らないとの話で世の噂ですが、本日5セット限定で入荷しました。空冷4発などの18インチでサーキット走る方にはすごーくオススメです。

f:id:mj2004:20210214183002j:image

購入希望の方は店頭もしくは通販が可能です。通販希望の方は当店のショッピングサイトより注文可能です。ただし通販で購入の方は、当店のショッピングサイトは今まで休眠状態でしたが、今回の為に限定で始動しています。販売方法はショッピングサイトなんですが不便な事に、銀行振込のみの対応で、送料は地域によって別途いただきますので、ショッピングサイトにて申し込みいただければ代金と送料をご連絡致します。(運送会社は佐川急便のみです)

http://www.moto-junkie.net/used/html/PIRELLI001.htm

もちろん店頭での購入も可能で交換作業も対応も致します。直接店舗にて購入される場合はお電話にて相談ください。店頭にて購入交換だとタイヤ代もややお得だと思われます♪

 

 最近の作業状況は、ちょこちょことした作業も多く、大掛かりな作業が少々遅れ気味です。

今日も朝一から昨年納めたV4Sのオーナー様がちょっとクレーマー気味な雰囲気を醸し出して来店(笑)

依頼内容は、折れ込んだボルトを除去してメーターのエラーメッセージの確認と消去を欲しいとの事。良くある話で「僕は悪くないんだけど、ボルトが折れました」折れる前に察知して欲しいのですがやってしまった物は仕方がないですね! 整備スキルを上げてください(笑)と言いたい所ですが流石のイタリアンバイク。ネジロック全開のM5のネジは「ばっちり」固まって見事に折れていました。

f:id:mj2004:20210214184443j:imagef:id:mj2004:20210214185741j:image

↑の部分の折れ込みで、タイヤ外してドリルが入る場所なのでよかったんですが、入らない場合はスイングアーム脱着で大事になる所でしたが、無事に穴開けて削除完了。ねじ山も傷めずに復活出来ました。時間はヤバいと思う前に相談ください。

エラーメッセージも確認し、現時点でエラー内容の作動も異常なく、許容範囲で作動しているため、エラーメッセージを消去してしばらく様子を見ていただく事で作業完了。

 

不安定な天気が続きますが、災害とコロナに気をつけてバイクライフ送りましょう。

 

BMWの故障診断

 メンテナンスの話になります。ここ数年、当店ではサーキットユーザーもいらっしゃる為、S1000RR系を含めGSやRnineT等のお客様方のメンテナンスをする機会が増えてきています。
 たまに中古で何処かのショップさんで購入したり、仲間内から譲ってもらったりで、トラブルの際に故障診断が出来ないとかで、飛び込みの修理等ちょこちょこと整備させて頂く事があります。

f:id:mj2004:20210208111945j:image

 話を聞くと、中古車で購入し、ディーラーさんに伺ってみたが、やや断り半分な対応であまり受けてもらえなさそうな感じで、最終的に行きにくいって話...

 

業界的な話ではありますが、やはりディーラーさんは新車購入からのお客様も沢山いらっしゃる為、なかなか他店購入の方、ましてや中古で購入されてお客様より、自店での購入者が優先になることは、ある意味仕方ない事でもある様な難しい部分ではあります。

 当店はメンテナンスやカスタムがメインでやっている為、他店購入者でもお困りのユーザーさんが居れば極力対応はさせて頂いています。

まあ店内が狭い為順番待ちにはなりますが、待てる方にはきっちり対応させて頂いてます。

f:id:mj2004:20210208111214j:image

ちょっと宣伝ですが、こんな感じで繋いで故障診断出来ます。汎用機器にはなりますが、近年ODB2なる故障診断のシステムになり、故障コードの確認やエラーチェック、メンテナンスレコードの更新等対応も出来たりします。

f:id:mj2004:20210208111548j:image

昨日も、この様な故障コードを読み取り、コード番号から内容をチェックして対応させてもらいました。

1回当たりの確認工賃はいただきますが、気になる方はごお気軽に相談ください。メンテナンスレコードの更新も対応OKです。

 

部品が揃うまだかなり時間を要しましたが、細かい部分のパーツフィッティングを済ませ、フレーム補強待ちのZ

f:id:mj2004:20210208112153j:image

補強材擦り合わせて、余計なパーツ切って削って組付準備開始します。